Flying Island

バラ色の翼のペガサス ファニーローズの住む島

RSS 2.0

❁花の名前

❁花の名前 一覧

☆☆ 一覧 ☆☆      《参考文献》 ・「花の名前」 (浜田豊 著 日東書院 2005年) ・「誕生花366の花言葉」 (高木誠 監修、夏梅陸夫 写真 大泉書店 2005年) ・「花を愉しむ事典」 (J.アディソン  …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁クラピア④ 5週間目

順調に育ってくれたクラピア。 1日に3cmくらい伸びているような気がします。 見事なグランドカバーになってくれました。 ずいぶん定着してきた気がします。 時折、間からたくましい雑草が顔を出していますが、小さいうちに、摘み …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁クラピア③4週間目

7月も終わりに近づき、小学校は夏休み! なんだか夏休みの観察日記みたいですが、クラピアの成長過程を引き続き記録しています。 ニチニチソウの手前に見えるクラピア。 今や、2株の間の距離はなくなりました。 勢い余って土留めの …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁クラピア②3週間目

クラピアを植えてから3週間目。 猛暑の中、この植物は順調に育っていて、どんどん地表に這うようにして枝を広げています。 まるでその手を広げ、隣と手をつなげようとするかのように枝が伸びて、株と株の間の隙間が埋められようとして …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁ユリ

ユリ (英名)Lily (学名)Lillium 学名のLilliumは、ケルト語のLi(白)とLium(花)に由来し、ヨーロッパ原産のマドンナリリー(聖母マリアの象徴とされる)の花色に因んでいるそうです。 7月上旬までゆ …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁クラピア①2週間目

クラピア 屋上緑化用イワダレソウ 日本在来のイワダレソウを改良した品種 (学名)Lippia nodifloraL. あっという間に雑草に覆い尽くされてしまう地面に、グランドカバーとして、クラピアという植物を植えました。 …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁ビヨウヤナギ

(学名)Hyperricum chinensis (和名)びようやなぎ(美容柳)(未容柳)  びじょやなぎ オトギリソウ科 / オトギリソウ属 落葉低木 学名のヒペリカムはギリシア語のhyper〈上)とeikon(絵、像 …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁モモ(ハナモモ)

バラ科 スモモ属、サクラ属 (別名)モモ(桃)、ハナモモ(花桃) (学名)Prunus persica   5年前立ち上げたペガサスプロジェクト。 これは全くワタクシ的な、自分の夢に時々家族を巻き込んでしまう感 …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁カリファンドラ・ハエマトケフェラ

マメ科 ネムノキ亜科 ベニゴウカン属 (別名)オオベニゴウカン、アカバナブラシマメ、オオベニゴウカン、ベニゴウカ、アルビフロラ (学名)Calliandra haematocephala (英名)Red Powderpu …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

❁ストック

 アブラナ科 マッチオラ(ストック)属 (別名・和名)アラセイトウ (英名) common stock (学名)Matthiola *属名のマッチオラは、イタリアの医師で植物学者のP.Mattioliの  名前に因んでい …Continue reading →

Posted in ❁花の名前 | No Comments »

  ☆ 花のなまえ ☆



「花の名を一つ覚える度に、世界中に、友だちがふえていくよ!」

ウサギのリリィは、そう言います。
だから、リリィは、どこに行っても、ちょっとハッピー♪



     《参考文献》

・「花の名前」
(浜田豊 著 日東書院 2005年)

・「誕生花366の花言葉」
(高木誠 監修、夏梅陸夫 写真 大泉書店 2005年)

・「花を愉しむ事典」
(J.アディソン 著 
八坂書房 2002年)

・「花の神話と伝説」
(C.M.スキナー著 
八坂書房 1999年)