Flying Island

バラ色の翼のペガサス ファニーローズの住む島

RSS 2.0

❁水仙

(学名)Narcissus
(英名)daffodil, narcissus
ヒガンバナ科 ナルシサス属 球根性多年草

先日、ハープ・ファンタジーの方からいただいた水仙。
しばらくご主人の病気の事でお休みされていたのですが、容態が良くなられたそうで、戻って来られるとのお話。
水仙の輝きと共に、喜びに心が明るくなりました♪

水仙はスッキリと明るかったり、華やかで大きかったり、八重で趣があったり、いろんな種類のものを見かけます。

道端で咲く日本水仙は、元旦の初詣の道すがらにも見かけました。
可憐な姿をしているのに、この冬の寒さに負けず咲いていることに、なんだか感動してしまいます。
そして、又、この水仙の香り・・・。

そういえば、何年か前、長崎に水仙の丘があるという話で、見に行ったことを思い出しました。ちょうど、こんな時期。
野母崎(のもざき)の「水仙の里」というところ。約1,000万本もの水仙が咲く、ということで行ってみると、

海の見える丘一面に咲いた日本水仙、その中を歩くとなんともいえない香りに包まれて・・・。

庭の水仙も、もうすぐ咲くかな♪
木の芽、草の芽、春が近づいてくるのを探すのが、
宝探しのようで楽しい、そんな季節です。

Categories: ❁花の名前

mari


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  ☆ 花のなまえ ☆



「花の名をひとつ覚える度に、世界中に、友だちがふえていくよ♪」

ウサギのリリィは、そう言います。


☆☆ 一覧 ☆☆


    出典:
    ・浜田豊「花の名前」日東書院2005年
    ・高木誠、夏梅陸夫「誕生花366の花言葉2005年
    ・J.アディソン「花を愉しむ事典」八坂書房2002年
    ・C.M.スキナー「花の神話と伝説」八坂書房1999年

    最近の更新:

  • ♫アレンジ曲 一覧
  • ♫『ハープ・フルール』
  • ♫荒城の月(ラップハープ)
  • ♫The Water Is Wide(ペダルハープ)
  • ♫The Water Is Wide(ラップハープ)
  •   ☆ 花のなまえ ☆



    「花の名を一つ覚える度に、世界中に、友だちがふえていくよ!」

    ウサギのリリィは、そう言います。
    だから、リリィは、どこに行っても、ちょっとハッピー♪



         《参考文献》

    ・「花の名前」
    (浜田豊 著 日東書院 2005年)

    ・「誕生花366の花言葉」
    (高木誠 監修、夏梅陸夫 写真 大泉書店 2005年)

    ・「花を愉しむ事典」
    (J.アディソン 著 
    八坂書房 2002年)

    ・「花の神話と伝説」
    (C.M.スキナー著 
    八坂書房 1999年)

    Welcart ログイン