Flying Island

バラ色の翼のペガサス ファニーローズの住む島

RSS 2.0

✵再会(その1)

最近、過去を振り返ることが多い。なんか、一区切りって感じも・・・。

11月17日「豊島ボランティア連絡会40周年の集い」に参加して、
20代の出会いと思い出、そして、みんなの「今」を感じ、こみ上げてくるものがいっぱいありました。

ただピアノを弾いていると幸せで、人とコミュニケーションがとれなかった私。
音大に入れてもらったけど、誰に伝えるの?何を伝えるの?それがわからなくて、悩んでいた頃。そんな時に出会ったのが豊島ボランティア連絡会(豊V連)。

誰かの困った状況を何とかするために主体的に動く人たちがいて、何がなんだかわからなくても、とにかく動いてみたら、生きている実感がすごく感じられてきました。

勿論、わざわざ苦労して音大に入れてくれた親にしてみれば、そんな事をするより、練習やバイトをするべきで、段々、親との関係は悪くなってきました。
(そこらへんは複雑な思いがありすぎて省略します。親不孝でした。)

とにかく自分探しの時期、同じように自分の生きている意味を探しながら、動く、手応えを感じる、そして又悩む。そんな仲間と出会えたのは幸せでした。

会の創設者のAさんは、相手が弱者だからといって気遣いすぎることなく、上からでも下からでもない同じ地球の仲間という目線で話をする方で、その事に衝撃を受けたことをよく覚えています。

人間がこわくて、力みすぎて、ちょっとの事で傷つく自分。そして又その事に悩み、変わらなきゃ!とグルグル空回りする私に
「そのままでいいしゃない」
と伝えてくれました。それで救われた人、いっぱいいたんじゃないかな。
「できることすればいいじゃん。失敗したっていいじゃん。
別に変わらなくていいじゃん。」

お酒が好きで、人と一緒にいることが好きで、議論が好きで、誰かが困っていたら、手を出さずにはいられない・・・そんなAさんが40才で交通事故に。
衝撃でした。

豊V連40周年に行ってみると、なんと、Aさんそっくりの息子さんが来ていて、しばらく声も出なかった。芸人目指して頑張ってます!との事。
悪魔の出で立ちでネタをするお笑い芸人10年やってますって、それ、何かの時に、Aさんも同じく悪魔の出で立ちで笑いを取ってたよね!
・・・ってDVDにその姿が出てきて、息子さんもびっくり!

いいことやってます!みたいな顔一切せずに、逆に人間の業みたいなもの表に出して人を笑わせる。そして気を楽にさせる。

あれ?同じじゃない?
なんか、涙、出てきました。





mari


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

最近の更新:

  • § 絵本の朗読や劇のための音楽 一覧
  • §『たつのこたろう』のイメージから
  • §(CD)『たつのこたろう』のイメージから
  • §『たつのこたろう』のイメージから(場面ごと楽譜)
  • §『たつのこたろう』のイメージから(場面ごとmp3)
  •  ★ いつも心に花と羽 ★

    心の中をのぞいたら、
    みんなが持っている
    愛の花と、自由の羽。

    心の天気は変わりやすくて、
    見えないこともあるけど・・・。

    しあわせは、きっと、そこに♪


    ファニーローズ