One Smile, One Step!

家族5人と犬1匹の1年間のオーストラリア生活

Total047419 7days026 Yesterday003 Today000 IP check in 30 min Since 2006-03-26
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 71 | 72 | 73 |

03/27/07: 3月27日

  • Taikiの学校へ行き、5月のバザー用に作った小物と、使わなくなった冬の制服を事務の方にお渡しする。
  • 校長先生にご挨拶をして、Taikiのクラスに、お礼として30分ほど、日本の歌などを演奏しに行く。
    「何か質問がありますか?」
    という先生の言葉に、次々と手が上がる。
    「弦は何本あるんですか?」
    など・・。やっぱり聞き取れないことも多くて、先生に子どもたちの質問の説明をしてもらいながら、なんとか説明した。
    とても素直な子どもたちだな・・という印象だ。
    Taikiに対して親切にしてくれた子どもたちと先生へお礼を言った後、演奏。
    曲目は「さくら さくら」「涙そうそう」「Under Southern Skies」。
    TaikiとHaruも、後半2曲を歌う。
    「ピアノをひいてください。」
    と、いう子どもの要望があったので、Taikiと「Star Wars」のピアノ連弾をする。
    校長先生も見に来てくださっていて、終わった後、
    「If you would come Australia again, This is the place for you.」
    いつでもあなた方の場所はありますよ・・そんな風に言ってくださったので、涙が出そうになった。
    特別に英語を教えてくださっていた先生もいらっしゃっていたので、お礼が言えて、本当によかった。
    お会いしたこともなかったのだが、とても美しい方で、辛抱強く、教えてくださって、感謝していますと言うと、
    「I'll miss him.」
    と、涙ぐんでくださっていた。
    Taikiの担任の先生は、来年、日本に行く予定があるとのこと。福岡にいらっしゃるかどうかはわからないが、是非連絡してくださいとお伝えした。
  • Peterさんに、このことも含めて、お礼の手紙を出す。
    Lap Harpは、手軽に持ち運べて演奏ができるので、本当にありがたい。
  • Shouの友だちで、「ポケモン」が大好きだという少年が遊びに来た。

03/28/07: 3月28日

  • Aiの懇談。
    「とてもがんばっています。でも、大きな声が出ないのはなぜでしょう?」
    という先生。
    ここへ来て、以前の自分よりも、笑顔を多く、言葉かけを多く、と、どんなにがんばってきているか、それを私は見ているので、
    「きっと、もう少し、自信がついてきたら、いつか、大きな声で話すようになると思います。
    彼女にとっては、音楽や絵などの方が、表現手段としてやりやすいのだと思います。
    ここで、友だちができて、楽しく過ごせるだけで、今は充分です。」
    と、先生に話した。
    人それぞれ、時期があるものだ。できるから、といって、期待されても、どうしてもできない時もある。
    友だちも、アジアの人たちばかりだが、白人と友だちになる方がいいということもない。
    そうしたければ、いつか、大きくなったときに、又、自分で努力していくことだろう。
     
    Shouも、
    「オレ、少し厚かましくなれたかな?」
    とこの前言っていた。彼にとっての1つの目標だったようだ。
    が、
    「そのままで、いいじゃない。積極的に大声で話をどんどんしていくのも、いいのかもしれないけど、それより、相手への思いやりのある人の方が、好きだな。
    信頼できる人になる事の方が、ずっと大切だと思うよ。」
    と話をした。
    「色々な人を見て、もし、あんな風になりたいな、とずっと思っていたら、そうなるよ。
    今の自分に、加えていけばいいんだよ。
    でも、何よりも、今の自分を好きでいることが、一番大切だと思うな。」
     
    Taikiですら(家では、うるさいくらいなのだが)学校では、別人のようにおとなしいようだ。
    休み時間の風景を見ていると、
    (どうすればいいのかな?どう動けばいいのかな?)
    と、一生懸命体中で感じ取ろうとしているのがわかる。
    だけど、だけど、みんなと一緒で、楽しいのも、とても伝わってくる。
    「学校に、いきたくないよ・・。」
    一度でもそう言っていたら、こちらも心配していただろうが、彼らは、どんなにおっくうな時も、ブルーな時も、なんとか気持ちを持ちこたえてきたのだと思う。
    それで、本当に充分だと思う。

03/29/07: 3月29日

  • リサイクルショップで、売れ残った物を回収し、売れた物の代金をもらってくる。衣類など、5点ほど売れていて、よかった。
  • 「ふるほんや」という名の古本屋さんに行って、古本を売ってくる。
    そこで買ったものもあるし、たいした金額にはならないが、ここに毎日、日本語の本を求めて来る人がたくさんいるのだろうから、リサイクルする事に意味があると思う。
  • Taikiが友たちから、「ダースベーダー」の人形をもらう。やっぱり、興味はスターゥオーズ関係らしい。
    とても良い記念になりそうだ。
  • Aiは友だちの家に遊びに行く。ペンダントを交換していた。
  • すでに段ボール箱に20箱近く詰めている。衣類はまとめてCLOTHESとして数だけ明細書に書いていた。
    が、昨晩、運送業者の方から、それでは税関を通れないから、ダメだという話。
    上着、Tシャツ、などと、細かく書かなければいけないらしい。
    ・・これでもか、と、しっかり貼ったガムテープを、もう一度はがして、梱包のやり直しにかかる。
  • 夜、ガレージセールに出していた簡単な棚を3つ、日本人の方が買いにみえた。

    *そろそろ、本格的にバタバタし始めた。
      ここで記録も、本当に終了して、片付けに専念しよう。
«Prev | 1 | 2 | 3 | ...| 71 | 72 | 73 |