少し肌寒いが、日差しはまさに秋晴れ。
 子どもたちを送り出した後、庭のポプラの葉をかき集めたり、洗濯物を干したり、何となく日常生活が落ち着いてきたな・・と思っていたら・・。

 携帯電話が鳴る。「もしもし」と出ると、受話器の向こうから「This is IEC of Marsden High School.」という声。icon-eek
 一体何事だろうと思っていると、どうやらAiの具合が悪いらしい。「すぐに行きます。」と言って電話をきった。学校まで5分とかからない距離で本当によかった。
急いで駆けつけると、Aiが職員室に座っていて「おなかがいたい!」と言う。とにかく連れて帰ることにした。
 毎日、「お兄ちゃん、早く!」と張り切って時間前に学校に行くAiだが、真面目なだけに、いろいろきついのかな・・精神的に・・とか考えていた。
 が、横になっても座ってもおなかの痛みが止まらなくて苦しいようで、結局痛み止めを飲むことにした。熱はないようだけど、少し顔色が悪い。 
 結局夕方になったら痛みが治まって、夕食もとれたので一安心。元気も出てきて、みんなホッとした。
 でも、もし明日になってもまだ悪いようなら病院に行こう、と話している。

 以前読んだ本『オーストラリアで暮らしちゃお!』(ミッチェル みどり 著)の中に ”誰もが一度はかかるガストロ” という項があって、この国でかかる可能性が高い胃腸炎について書いてあったので大急ぎで読んだ。
 ”激しい嘔吐や下痢を伴う症状で、3,4日はつらい思いをします。”と書いてある。そこまでの症状はないようだが、油断は大敵だ。とにかく”水分をたやさない”と書いてあるので、気をつけよう。

 気づかないうちに子どもも疲れがたまってたりするから、なるべくゆっくりする時間をとろうと、みんなで話している。

 ところで、4月末からのブログを見直していたら、コメントをくださっていたのに、気づかないことがあったようで・・すみませんでした。pen0-14
 あたたかい言葉をありがとうございます。心のエネルギーになっています。
 明日はAiも元気に過ごせますように・・。hana1