朝から次々と荷物が届く。

 ピアノは運送屋さんの後にご主人がついてきてくれて、運び込まれるのを見届けてくれていた。子どもたちが挨拶すると、ニコニコしていたが、後からなんと「子ども達には、まだ友達がいないんじゃないですか?知り合いの日本人を紹介しましょう。」と言ってくれた。なんて親切な・・。

 その後は電気屋さん。ピアスにcapの色白のお兄さんで、電灯とオーブンの問題を解決してくれた。オーブンは、ブレイカーがOFFになっていただけの事らしい。「よかった・・」とホッとした顔をすると「No Worry! No Worry!」(心配ないよ!)と笑顔。これまた助かった。

 ソファーを運んで来たのは浅黒い肌のお兄さん。やっぱり(そうではないかと噂していたら)一人で3人掛けのソファーを軽々と持ち上げて来て、二つ、ひょいひょいと運び込み、「じゃ!」と、風のように去って行った。

 最後は日通さん。子どもが先に応対したのだが、Taikiが、「日本語を練習してきたみたいよ」と私に耳打ちしてきた。「結構いっしょうけんめいやったみたい。」彼はこの国には日本人はいないと思っていたようだ。でも、どう見ても日本人でした。(又勘違いだったりして・・いやいやpen0-40) 段ボールを運びこむ丁寧さ、後にひとつもゴミを残さない気の配り方、最後に「段ボールがじゃまになるようでしたら、すぐに取りに伺いますので、ご連絡下さい。」という丁寧な、日本語!(久しぶりに家族以外と日本語で会話をした♪)なんだかホッとした。

 子どもたちも、馴染みの物が届いて、嬉しい様子。早速みんなで遊戯王カードをしていた。(Taikiが、カードが届いてあんまり喜んでるので)

 オーブンも動いたし、早速チキンを焼いていたら、突然「リーーーーーン」とすごい音!pen0-41しかも止まらない・・。耳がおかしくなりそうなほどの大きな音だ。天井の煙探知機が作動したらしい。換気扇を回し、ドアを開けるが止まりそうにもない。Aiがクッションを持ってきて「これで押さえて!!」と言い、Haruがテーブルに乗って、天井を押さえる。・・と、止まった!
 私は窓を開けようとするが、堅くて動かない。Shouが、「父ちゃん、オレが替わるから、開けてあげて」と言う。Haruがクッションを放した瞬間、又「リーーーーーン」。そこへサッとShouの手が押さえる。窓をようやく開けてもらって、空気をしばらく入れ換え、そうっとクッションを離してもらうと・・今度は大丈夫。

 いやはや大変な騒ぎだった。

 でも、この後、この日、きっとみんなが一番嬉しかった事が待っていた。
 それはご飯。当たり前のようだが、約三週間ぶりのご飯(白いお米を炊いた物)は本当に感動的で、みんなかみしめるように、味わっていた。pen0-02(炊飯器をくださったまいぽさん、ほんとにほんとにありがとう!!)10kg、9ドルのオーストラリア米(サンライズという中粒米で、小さくて細長い、何というかとてもさっぱりした味のお米)だったが、緊張の後だった事もあり、みんな、なんだか感動・・という面持ちでうっとりしていた。

 元気回復!・・かくして又明日への活力を養うのであった。pen0-06