あちらこちらで卒業式があるこの季節、別れの曲が巷でよく流れていて、思わず切なくなることがある。

別れるって時に、初めてその存在の大きさに気づく・・そんな事も多いような。

『おぼえていろよ おおきな木』(さのようこ 作/銀河社 出版)は、ひとりのおじさんと大きな木のお話。

おじさんの家は、大きな木のかげにあるのですが、木のことでおじさんはイライラしています。なぜって朝ゆっくり寝ていたくても、木に集まってくる小鳥のさえずりがうるさくて眠れないし、木の陰になって洗濯物もパリッと乾きません。腹が立つことはまだまだあります。夏にハンモックをかけて寝ていると毛虫がくるし、寒くなる季節には、掃いても掃いても落ち葉が落ちてくるし・・。

「おぼえていろ!!おぼえていろ!!」

おじさんは おおきな木を 切り倒してしまいました。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

それから、おじさんは朝、小鳥の声に目覚めることもなくなりました。洗濯物を干すロープをかけていた枝もなくなりました。ハンモックで寝ようにも、ぶらさげる木がないし、ほうきがあっても、もう木の葉はありません。

おじさんは、きりかぶをみて、それから うえの ほうを みました。

そらが あるだけでした。

ある日、おじさんは大きな切り株を見て、たまらなくなりました。そして、大きな声で、泣きつづけました。

おじさんは なきやんでも、まだずっと したを みていました。

よくみると、きりかぶから ちいさな あおいめが でていました。

おじさんは かおを くっつけて、まちがいではないかと、よくみました。

やっぱり あたらしいめでした。

そして・・。

        (*青字の部分は本からの引用です)