少林寺拳法の、昇段試験。Shouは無事合格して念願の黒帯をもらうことができた!最後の試合では中学生の部の準々優勝ができたし、自信をつける事ができたのもありがたい。何より彼が自信をもてたのは「出られる試合に出なかった事がない」という事で、結果はどうであれ、いつも立ち向かっていった、という事に自分なりにとても満足している。

試合に勝つ事よりも、真面目に努力する事、辛抱する事、正直でいる事、優しくある事、そんな事が大事だと教えてくださる師範。幼稚園年少の時から通い始めたが、子どもを見る目が厳しく優しい、そんな師範に子どもを見て育ててもらえて、私たち親も随分心強かった。

一年間お休みしますが、今まで本当にありがとうございました。

日曜日はいろんな事があった。

まず、植物や自然をとても愛していて、センスがよくて、自由な感覚や発想がある、本当に得がたいお花の友達(発表会のフラワーアレンジメントなどいつもお願いしていた幼稚園で知り合ったコスモスのような女性)が、転勤で埼玉へ発った。

*お花(だけじゃなく雑草と呼ばれる草花も、そして花だけじゃなく葉も蔓も・・)にとっての友達だし、彼女自身が花のようだし・・説明が長いが、とても一言ではいえない、とにかくすごく美しい人なのだ。とらわれないで、自由でいて、それでいいのよって彼女はそう言っているような気がして、勝手にいつも元気づけられていた。

それから横浜から、お友達家族(こっちはやっぱり自然やお花が大好きで本当に可愛らしい彼女と優しいご主人、目のくるっとしてチャーミングなお嬢さん、そして元気でとっても素直な男の子)が久しぶりに福岡に来て、会うことができた。

どんなにつらくても、しんどくても、優しく笑顔でいられる彼女、大変な苦労があってもいつも可愛い人でいられるのはすごい。小さな草花や生き物達に優しい心や、いつでも少女のように可憐な心に、こっちまで力づけられていた。お互いに、楽しく頑張ろうね。

そして、夫が乗っていた車を売りに行く。乗りなれた車との別れも、やっぱりちょっとさびしいものだ。いい乗り手に出会ってね