hiyasinsu庭に咲いたヒヤシンス。花数は少ないが、かえって清楚にも見える・・かな?

さて保険の話。外国の医療費はかなり高いので、こちらから海外駐在保険という保険に加入しておかないと大変な事になるかもしれない。例えば緊急事態になって救急車のお世話になっても、搬送費用として数万円の請求をされるそうなのだ。大手の保険会社にお願いしようと思っていたが、結局 Uni-Care というニュージーランドの保険会社(日本人がやっているウィング・オセアニアという代理店経由)にお願いする事にした。5人分1年間で11万円という事だ。(大手だと60万円以上かかる!)金額の違いは、どこからきているかというと、
?日本語24時間サービスがないこと、
?キャッシュレスではないこと(病院で治療の際にもらった領収証をUni-Careに郵送したら、後日、治療費を銀行に振り込んでくれる)、
?保険証は PDF ファイルとしてメールで送られてくるだけであり、紙の印刷物などは全くないこと、などである。
基本的に、Uni-Careへの治療費の請求は英語にて専用用紙に記入する必要があるのだが、ウィング・オセアニア経由で Uni-Care に加入した場合には、ウィング・オセアニアに対して日本語で治療費の請求を行えば、ウィング・オセアニアがそれを英訳して Uni-Care に渡してくれる。
利点としては、一般の駐在員保険では歯の治療は認められていないが、Uni-Care は、歯の痛み止め程度の治療費は認められている。それと、76歳未満の家族の不幸などの為の緊急帰国費用もカバーしている。大手の保険会社で緊急帰国費用もカバーすると、更に保険金を支払わなければならない。

無事保険証がメールで送られてきた。まさにインターネット時代の保険だ。