origami「暇やけん、何か作りたいっちゃけど何がいいかいな?!」(「空いた時間があるので、何かつくりたいのですが、何がいいでしょうか。」という意味の博多弁)と言う小学3年生のTaiki。

 ここぞとばかり折り紙の本と折り紙を渡すと、Ai(小5の姉)と友達が付き合ってくれて、みんなで作りはじめた。やり始めると結構夢中になって楽しそう。

 一枚の四角の平面が、どんどん立体的になっていく。何かに"見立て"、イメージを豊かに広げる事でどこまでも多彩に変容していく・・とても日本的なものを感じる。

 材料の色や模様で雰囲気が変わったものになっていくのも面白い。

 なんだかとっても和やかな、ひとときでした。