One Smile, One Step!

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»

05/12/06: 時間割

Category: 日記

 来週からいよいよ学校・・ということで、もらってきた書類を改めて見てみる。

 Public SchoolもHigh Schoolも、毎日8:55〜15:15迄で、火曜日は先生達のミーティングのため2:31迄のようだ。
 金曜日は体育の授業がある、というのも同じ。
 ちなみにHigh Schoolの時間割は

1時間目  : 8:55〜10:04
2時間目  :10:04〜11:08
休憩時間 :11:08〜11:28
3時間目  :11:28〜12:32
4時間目  :12:32〜13:36
昼食     :13:36〜14:11
5時間目  :14:11〜15:15

 実に微妙な時間設定だ・・。

 昼食はキャンティーン(売店)でボランティアのお母さん達によって販売されているらしい。Public Schoolの書類には、作るのもお母さん達、と書いてあるicon-eek

 メニューは

 チキンバーガー 2ドル、フィッシュバーガー 2ドル、 ラザニア 2.1ドル、 パイ 1.3ドル、 ピザ 1.5ドル ソーセージロール 1.4ドル など

 その他 各種サンドイッチ 1.2ドル、 ポップコーン 70セント、ビスケット 30セント、 フルーツボール 10セント など 

 飲み物は、ミルクやフレーバーミルク 80セント、ミネラルウオーター 70セント、フローズンヨーグルト 60セント、フルーツジュース 30セント ・・などなど、けっこういろいろある。 

 Public Schoolには、おやつの時間があると聞いていたが、どうなのかな。入ってからのお楽しみだ。

  

05/13/06: パディントンマーケット

Category: 日記

 毎週土曜日、ヴィレッジ教会の庭で開かれるパディントンマーケット(Paddington Bazaar)に行ってきた。
marketrmarket2r


 ここのマーケットは、地元のアーティストの作品などが多く、ビーズの作品、ファブリック、針金細工、など様々な物が置いてあって、特別に買う物などなくても、ゆっくり見て歩くだけでもとても興味深かった。
 たいていのフードコートと同じく、ここでも各国の食べ物が売られていて、それもちょっとした楽しみだ。
 勿論『Sushi』は売られていた。巻きずしを買って、一体どんなものが入っているのか、後学のために試してみることにした。
market4r

sushir 

 このパックの中身は、きゅうりとツナ、人参とアンチョビ(?のようなちょっと塩味の強い魚)、きゅうりと人参とたくあん、人参と卵焼きだった。すし飯というより普通のご飯っぽかった。生の人参の細切りを使ってあるのが印象的だった(確かに見た目は鮮やかだ・・)卵焼きはほとんど味がついていなくて、全体的にあっさりしていた。
 これにわさびとしょう油と箸がついて5ドル。バランまでが入っていてちょっと感動した。
matinamir_01matinami3r

 パディントンの町並み。商店街が通りの両サイドに立ち並ぶ、シドニーの町でよく見掛ける風景である。この町は比較的大きいので建物も立派だったり、古かったりするものが多かった。

matinami4r matinami6r

 写真技術がいまいちだが・・タウンホールと、道路にあったタイルの絵。
 下の写真はこれまたオーストラリアの特徴的な植物ボトルブラシ(まさに、そのものの形!)。かなり高い木の上に咲いていた。赤い花もよく見かける。(これは先日家の近くで撮ったもの)

matinami5r_01

flower5rflower4r

 

05/15/06: 第一章の始まり

Category: 日記

 長いニート生活も終わり、学校の生徒になるのが嬉しそうな子どもたち。彼らにとっては、新しい幕開けの日だ。

 みんな、一日が終わった感想は・・「大丈夫!」だそうだ。 

 High Schoolの方は、新入生3人、クラスは14人で、色々な国の人がいて、とてもにぎやかだったそうだ。音楽の授業では歌の歌詞の聴き取りがあったり、英語はやはりかなり難しいが、さすがに実践的な授業が多いようだ。
 何より嬉しいのは来週の木曜日に早速遠足(タロンガ動物園)だがあるらしい。 シドニー中心部のかなり大きい動物園で、たくさんの動物が見れるという話だが、まだ家族でも行ったことがない。動物園で実地の英語の勉強とは・・うらやましいようだ。

 Public Schoolに行ったTaikiは、最初は緊張していたのでどうかな・・と思っていたけど、学校が終わり迎えに行った時に最初に出た言葉が、「友達ができたよ!」だったので安心した。「休み時間にちょっとおどおどしてたら、ジョージって子が声をかけてくれて、遊びに入れてくれた。」ということだ。

 朝、Public Schoolについて行くと、事務の方が日本語がしゃべれるハーフの子がいるということで、その子をわざわざ呼んできてくれたのだが、まだ小さい子(2年生くらいかな)で、「何か日本語をしゃべりなさい」と急にいわれたのでお互いに困ってしまって「こんにちは!」を言い合っていた。 
 授業参観日でもあったので(いきなり・・)時間通り10時半からひとりで見に行ってみたが、誰も見に来てなくて驚いた。icon-aseだが、20分もするとぼちぼちお母さん達が見に来て、いきなり教室の中で大声で話したり、写真をとったりするので、それにも驚いた。 
 Taikiは、もらった綴り方のプリントを何が何だかわからずに持てあましていたが、先生が算数のプリントに変えてくれて、やっと勉強らしきものを始めた。
 そのうち、隣に座っていた世にも美しいお嬢さんのお母さんが現れて(先日迷っていた私達を事務室に連れていってくれた金髪の美女)私に声をかけてくれた。キャシーといって、あの時は売店の月一のボランティアに来ていたらしい。名前を聞かれて答えていると、反対側の隣に座っていた女の子が「エクスキューズミー!」と話しかけてきた。どうもMariというのがMarried(結婚した)に聞こえて、おかしかったらしい(さすが女の子)。ものおじせずに「この子は中国人なのよ。私のお母さんはレバノン人。お父さんはオーストラリア人。」などとどんどん話してくるので、それにも驚いた。 
 私は一時間ほどで学校から引き上げたが、その後、中休み、昼休み・・そしてTaikiはクラスに少し馴染めたようで、本当によかった。

 休み時間は、外で遊ぶきまりになっていて、帽子をかぶるのも規則らしい。日焼け止めまでは、まだいわれていないが・・。

 とりあえず初日が無事に終わって、ホッとした。

 

  

05/16/06: 原動機なしバイクの日々

Category: 日記

 ここ数日の気温は毎日12℃〜21℃くらい。これからどこまで気温が下がるのかはまだわからないが、半日曇りだったりすることもあって、確実に冬に向かっている感じだ。

 昨日からHaruは自転車通勤をしている。家から大学まで6キロくらいで、意外と起伏が多いので大変そうだが、なんとか続けていくそうだ。自転車は、学科の教授が「前にいた人が置いていったから、試しに乗ってみたら?」と貸してくれた
 。自転車は基本的に車道を走る規則で、結構スピードを出して走る車の横を自転車で行くのは、かなりこわそうだ。というか危なそうだ。部分的に自転車用の道もあるようだが、それはごくごく一部。
 自転車でまず気づくのは、乗った人はみんな、ラグビーボールを横に半分に切ったようなヘルメットをかぶって走っている。普通の帽子をかぶった上からヘルメットをかぶった人も結構いて、妙な感じだが、みなさんあまり気にしないらしい。ヘルメットを脱いだら、帽子が必要なんだから、いいんじゃないの・・みたいな感覚なんだろう。

 自転車とヘルメット、それから空気入れのポンプまで一式貸してくれたので、早速昨日は乗って帰ってきたが、整備する間がなく、タイヤは半分しか空気が入っていなくて、ギアチェンジもできない状態のまま走って帰ってきたので、帰りついた時には脚はガクガクだった。今朝はギアの調整をし、タイヤに空気も入れられたので、少しはラクになったようだ。これが本当に続けば、健康に良いことは間違いない。 

 さて、子どもたちの学校だが、すべり出しは順調のようだ。Taikiは「英語ができない生徒のための特別なクラスはありません。」 と言われていたのだが、クラスはなくても、英語がしゃべれない子や、学業で遅れをとる子のための先生が時々入ってくれるらしく、今日は少しの間クラスから取り出してその先生に見てもらったりもしたようだ。 Shouたちの方は、英語ができない子たちのためのクラスなので、ラクそうだが、ひとつ大変なことがある。それは「一日半ページ、英語で日記を書きなさい」という課題・・週末に、先生がチェックするらしい。確かにものすごく勉強になる課題だけど・・半ページはまだまだ無理なようだ。単語を調べ、動詞の過去形を調べ、文章の作り方を考え・・時間がかかることかかること・・3センテンスくらいで、いっぱいいっぱいなので、とりあえず、短くてもいいから続けよう!ということにしてしまった。
 実は面接の時、先生から「毎日新聞を読みなさい。デイリーテレグラフがいいですよ。わかりやすいから。」とも言われているのだが、子どもたちは宿題で手一杯。なかなかまだそこまではできない。pen0-47むしろそれは私の課題にして、新聞を毎日少しずつ読んだら勉強になるんだろうな・・と思ったりもする・・が・・?

 どちらの学校も、売店でお昼を買ってみんな食べているらしい。売店がどこか、どうやって買うのかもまだわからないのでお弁当を用意していたが、明日は売店に挑戦してもらうことにした。面白いのはTaikiたちの学校には、昼休みの前に一度、スナックを食べる時間があるそうで、リンゴをかじっていたり、ミカンを食べていたり、お菓子をほおばっていたりしているそうだ。

 とりあえず今日もみんな落ち着いた様子なので、一安心。 pen0-06

05/17/06: 初の呼び出し!

Category: 日記

 少し肌寒いが、日差しはまさに秋晴れ。
 子どもたちを送り出した後、庭のポプラの葉をかき集めたり、洗濯物を干したり、何となく日常生活が落ち着いてきたな・・と思っていたら・・。

 携帯電話が鳴る。「もしもし」と出ると、受話器の向こうから「This is IEC of Marsden High School.」という声。icon-eek
 一体何事だろうと思っていると、どうやらAiの具合が悪いらしい。「すぐに行きます。」と言って電話をきった。学校まで5分とかからない距離で本当によかった。
急いで駆けつけると、Aiが職員室に座っていて「おなかがいたい!」と言う。とにかく連れて帰ることにした。
 毎日、「お兄ちゃん、早く!」と張り切って時間前に学校に行くAiだが、真面目なだけに、いろいろきついのかな・・精神的に・・とか考えていた。
 が、横になっても座ってもおなかの痛みが止まらなくて苦しいようで、結局痛み止めを飲むことにした。熱はないようだけど、少し顔色が悪い。 
 結局夕方になったら痛みが治まって、夕食もとれたので一安心。元気も出てきて、みんなホッとした。
 でも、もし明日になってもまだ悪いようなら病院に行こう、と話している。

 以前読んだ本『オーストラリアで暮らしちゃお!』(ミッチェル みどり 著)の中に ”誰もが一度はかかるガストロ” という項があって、この国でかかる可能性が高い胃腸炎について書いてあったので大急ぎで読んだ。
 ”激しい嘔吐や下痢を伴う症状で、3,4日はつらい思いをします。”と書いてある。そこまでの症状はないようだが、油断は大敵だ。とにかく”水分をたやさない”と書いてあるので、気をつけよう。

 気づかないうちに子どもも疲れがたまってたりするから、なるべくゆっくりする時間をとろうと、みんなで話している。

 ところで、4月末からのブログを見直していたら、コメントをくださっていたのに、気づかないことがあったようで・・すみませんでした。pen0-14
 あたたかい言葉をありがとうございます。心のエネルギーになっています。
 明日はAiも元気に過ごせますように・・。hana1 

  

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»