One Smile, One Step!

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»

04/11/06: 家探しの日々

Category: 日記

日本は嵐とかで大変だったみたいですね。コメントをくださるみなさん、本当にありがとうございます。生きる励みになっております。

コメントに入れる絵文字が時々変化してしまうけど、ごめんなさいね。そのうち調整する(してもらう)予定です。

 さて、運送会社から連絡があって、荷物が届いたとのこと。家が決まったらそこに配達してくれる事になっている。

CIMG0238r  朝、Haruが大学(Macquarie University)の研究室に初めて行くので、ついていってみる。今受け入れてくれるボス(教授)は留守だが、ロルフ(Rolf Schwitter)というスイス人の先生が代わりにいろいろと設備などの説明をしてくれた。 2人の子どもがいるという事で、「住まいは学校の近くでないと送り迎えが大変だよ」などとアドバイスをしてくれたり(彼はドイツ語、奥さんはフランス語をしゃべるのだが、子どもたちはこちらの学校に行っているので英語をしゃべるということだ。はじめは学校から帰ってくると、子どもたちはとても疲れていたよ、とも言っていた)家探しをしていると言うと、保証人が必要だろうから、名前を使っていいよ、と電話番号までメモを書いてくれたり、とても親切だった。CIMG0241r 
 

 秘書の女性たちも(一人はスペイン系、あと二人はアジア系のようだ)笑顔いっぱいの優しい人たちで、「困ったら何でも言ってちょうだい」と心強い言葉をくれた。 
 Haruの研究室は二人部屋で、中国人の方が既にパソコンに向かっていた。彼の英語はものすごくわかりにくくて(人の事は言えないが)立て続けにしゃべるので驚いたが、日本人嫌いではなく、東京や京都には行ったことがあるらしいし、「隣人だね。」みたいな事を言っていたので安心した。 研究環境はとても恵まれているようで、生活環境が整ったら、今度こそ研究に専念できそうで、本当によかった。

 その後はシティーセンターに行って(大学からはバスト電車の乗り継ぎで40分くらいかかる)ANZ銀行のキャッシュカードを受け取る。(ウールワースの買い物なども、このカードで一発で支払いができるので便利)大学周辺では日本語は聞いたことがないが、さすがに市の中心、日本語で対応するスタッフがいて、細かいことも話せるし、インターネットバンキングの手続きも即座にやってくれて、助かった。(インターネットで残高の照会などができるので便利) ついでに日本の食品などが置いてある店に行ってみる。色々揃っていて嬉しいが、それほどまだ困っていないので、麦茶を買う。家具や食器の中古品も置いてあるので、そのうちもう一度来ることになるかも。
CIMG0242r昼食は(子どもたちは寮に残っているので部屋で食べてもらうことにしている)ピタとサンドイッチを駅で買い、近くの公園で食べる。鳩と、カモメのような鳥が寄ってきてパンくずを食べてくれる。今日の気温は27℃くらいで、日の当たる場所では汗をかくほど暑い。タンクトップの女性も多いが、夜は冷えるからか、長袖のセーターを着込んでいる人もいたりする。街角でバンジョーを弾いているおじさんがいると思えば、タータンチェックの服ですっくと立ってバグパイプを演奏している若者がいたり・・本当に何でもありだ。

 さて家探し。昨日の物件に約束通り4時に行ってみる。今までもそうだったのだが、家を見せてもらう時、他に何組か必ずいて、いい物件になるとかなり競争が激しい。早く申し込み書を出した方が優先されるのだとスタッフは言っていた。やどかりが新しい殻(住まい)を探している姿をテレビで見たことがあるけど、なんだかヤドカリに同情する気持ちになってきた。今日はあと一組(インド系)来ていて、やはり熱心に家を見ていた。とにかく学校に近いことと、割と静かな住宅地なので、すぐさま不動産屋に行って、申込みをした。で、彼らが家の持ち主に連絡し、連絡は明日とのこと。・・うまくいきますように・・。

04/12/06: 一歩前進?!

Category: 日記
日中の気温は30℃近くまで上がり、暑い。とはいえ湿気がないので不快指数は低い。コーラなどの清涼飲料水を飲んでも、こちらのはかなり甘いのでかえって喉が渇く。昨日買っていた麦茶を作っておいて正解。明日からはペットボトルにお茶を入れて持ち歩こうということにした。
ところで日本の花粉症の時期も過ぎたのだろうか。2月末から薬が手放せなかったが、ふと気がつくと症状が出ていない。このまま花粉症がでなければ・・と期待してしまう。

 今週の金曜からイースターの休日に入るらしいので、この分だと子どもたちが学校に通えるようになるまで、しばらくかかりそうだ。ということで、とりあえず学校ですぐにでも使いそうな簡単な単語や言い回しの勉強を家ですることに。オックスフォードのピクチャーディクショナリーというのを持っていたので、その中から少しやってみる。
明日からは単語カードを作っていこうということになった。
 
 今日は不動産屋からの連絡を待っていたが、来ないので電話をしてみる。するとデポジットを持ってくれば手続きをするという話。急いで近くのショッピングセンターの中にあるANZ銀行の支店で現金を引き出して、不動産屋へ。 先日のお兄さんがいて、「手続きをするから、明日サインをしに来てください。心配しないで大丈夫です。」と笑顔で言ってくれたので、感謝。(言葉の)ハンディーがある東洋人に対して、とても親切な青年がいるという事が、本当に嬉しい。とはいえ、契約できるかは、まだ決まった訳ではないので状況は甘くみないようにしよう。

親切といえば、ここでは横断歩道を渡りたいな、と思っていると、走ってきた車が必ず手前で止まってくれる。(なんてまあ・・すみません!)と走って渡るのだけど、周りを見渡すと横断歩道を渡る人たちはみんな悠々と歩いている。完璧に歩行者優先なのだ。
歩行者はというと、横断歩道がないところでも(4車線以上のかなり広い道でも)車のすきを見て渡っている。このへんは『オーストラリアの人たちはゆったりしているので、急ぐことをしません』というガイドブックの話とちょっと違うかな。

CIMG0245r店にはイースター前で卵やウサギの形のチョコが、山のように積まれている。大小様々、中にはコアラの形のチョコもさりげなく混ざってたり。
今日行った店のおもちゃ売り場には『遊戯王』のおもちゃがあって、Taikiがカードを探してたけど、カードまではなかったみたい。ちなみに『たまごっち』も2千円ほどで売られていた。

さてイースターは、どんな状況で迎えられるか???

04/13/06: 住所確定!

Category: 日記

家が決まった。 wave_pen03

 寮の契約は4月16日までだったし、明日からイースターの休みに入るので、(大学は金曜から火曜日まで休みらしい)その前に・・と思っていたので本当によかった。 
  午後不動産屋に行くと、契約書が作られていて、説明を受けてサインをし、Bondといわれる保証金(家賃の4週間分)を支払って、無事契約完了。一週間以 内に、Residential Premises Condition report(コンディションレポート:家の破損や機能、汚れなどの状況をチェックする書類)を提出したり、電気や電話の申し込みをしなければならない が、今日からでも入居は可能だということだ。 「何かわからなかったら、いつでも電話してくださいね。」ときれいなお姉さんが言ってくれて、嬉 しかったのだが、電話の英語はまだまだ難しいので、困ったらやっぱり出向いてボディーランゲージをフルに駆使して、面と向かって話した方がいいかな。 
 早速レンタカーを借りて、明日にでも移動を・・と電話をしたが、休日に利用する人が多いらしく、16日迄は予約でいっぱい。ということで17日 に借りて、引っ越しをすることにした。寮は多分大丈夫だろうということで。といっても、もしかするとホリデー明けとかで、電話はもちろん、電気なんか(最 低2日はかかるということだし)しばらくないのを覚悟での入居だ。今は秋で、夕方6時半には暗くなっているから、ローソクや懐中電灯の中でサバイバル生活 をすることになるかも・・。YMCAのキャンプ生活に毎年子どもたちを行かせていたので、不便な生活にそれほど困ることもないんじゃないかな。家族でキャ ンプ生活をするのも結構(もちろん短期間とわかっているからではあるけど)楽しそうだ。 

 イースターのお休みでどれだけ店が休みになるの かわからないので、夕方「いざ、買い出し!」としばらく分の食料を買い込みに出かけた。子どもが大きくなっていて荷物をかなり持てるので助かる。ウール ワースは人がいっぱいで、大にぎわいだった。見てみると、14日(金)、16日(日)はお休みだがそれ以外は開いていると表示してあったので、安心した。 1Kg1000円というステーキ肉を約1Kg買って豪勢に焼いたが、やっぱり歯ごたえがかなり・・。が育ち盛りには十分しあわせな食事だ。

  ウールワースで1つ重大な発見をしてしまって、しばらく立ち直れなかったのは・・。 ここへ来て買った食器洗いの洗剤がつけ荒いしてサッと流すだけの物 で、日本のように泡立ちよく最後は「キュッ!」とすべすべした感覚がするものがないので、いろいろ試していたが、ここ2日ほど使っていたものが、どうもト イレの洗剤だったらしいのだ!それをHaruが発見してきて、一家全員絶句!「まあ、誰もおなかこわしてないし、よかったという事で・・。」と流してしまったが、内心、相当油汗をかいてしまった。表示はやはりよく見るべきだ。Cool

04/14/06: ひと休み♪

Category: 日記

今日はイースターで、Haru(夫)は大学に少し行っていたが、私たちは、少し英語の勉強をしてから、ゆっくり休むことに。
勉強といっても、子ども(幼児)番組を見たり(それもなかなか聞き取れない・・)、少し単語カードを作ってみたり。日本の教科書などは運送屋さんに預けているので、手元にないので、とりあえず学校に入った時少しでもラクになるように、ということだけ。

新しい生活が始まってからに備えて、ひと休み、ひと休み・・pen0-06

 

04/15/06: 農業と酪農の祭典!

Category: 日記

 きのう、やっとシドニーの情報などの整理をし始めて(日本にいる時はそれどころではなかったので)少し、イベントの記事などを読んでいたら、シドニーの年間イベントの中でも大きいとされる「Sydney Royal Easter Show」なるものが今(4月7日〜20日まで)開催されていると知って、早速今日行ってみた。場所はオリンピック・パーク内のショーグラウンド。 このイベントは本来は農業・酪農産業のプロモーションを兼ねた品評会。たくさんのファーム関係者の自慢の牛や羊や豚たちが連れてこられて、展示・品評会が行われていた。「かわいい牛だね。」とか話をしていて、ふと上を見ると「とても美味しいよ!」と書いてあって、ギョッとしたりしたけど。icon-eekCIMG0286r
 時間帯によってドッグショーや豚のレースなどもあるらしい。 世界中から100万人近い人が集まるというビッグイベント、その他にも、アトラクションや、屋台、展示物などが盛りだくさんで、大賑わいだった。 ここへ来て翌日から家探しに入って「どこで、どうやったら生きていけるのだろうか・・」pen0-19みたいな感じだったけど、今日はとても気晴らしになった。

CIMG0264r子どもたちも、今日はアトラクションに乗ったり(乗り物のアトラクションも予想より、数倍長く、激しくて、お姉さんが「みんな!叫んで!そうしたら、もっともっと速くするわよ!」「キャーーーー!!」ゴーーーー!!!って感じで、すごかった。)いくつか今までにないアトラクションもやってみて、とても楽しめたようだ。pen0-03

 牛さんや豚さんもたくさん見たし、遊んだし、でとりあえず帰宅。(寮からの往復バス代プラス入場券、という“ショーチケット”というのを購入して使った)

 子どもたちを置いて、さて、私たちは今度は家具屋さんに 下見に行く。17日に引っ越して、すぐに生活できる最低限の設備を用意しておかなければいけないから、効率的に動かなければならないのだ。
 IKEAという大きな店が、とても安く家具などを売っている、という事なので、そこを目指買い物はその日にすることにして、とりあえずこんな物がある、ってチェックだけして帰った。中古のお店を一軒見つけていたので、そこと、このIKEAで当座の物はそろえられそうだ。

 ということで安心できたところで、明日は日曜。休息日だ。ゆっくり休もう・・。potfl02

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»