One Smile, One Step!

«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»

03/18/06: 光の川?!

Category: 日記
nanohana2昨日、カメラを持ってAiと「春を探しに・・」なんて言いながらショートドライブ。

これは近くの川に咲いていた菜の花(rape blossoms)《花言葉 快活 競争》。

水のない川に菜の花が光のように咲き乱れている!

            風景(純銀もざいく)

                  山村慕鳥

             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             はるかなるむぎぶえ
             いちめんのなのはな

             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             ひばりのおしやべり
             いちめんのなのはな

             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             いちめんのなのはな
             やめるはひるのつき
             いちめんのなのはな

一面に広がる菜の花畑のイメージ、目に見えるようなこの詩を読んだ時の印象はドキドキするほど強烈だった。でもこんな風景も意外性があってちょっと感動。

今朝は、山の上の方から、「ホーホケキョ・・」という鳴き声が聞こえていた。


03/20/06: 2種類のドキドキ

Category: 日記
kiironohanaうーん、と・・思い出せない。何ていう名前だっけ?小さいけど、とっても明るくて可愛い花が庭に咲いてた。

今日は2度目の採血でやっぱりおびえるPop。検査の結果は木曜にわかるそうだけど・・。

国際免許証の申請に警察署へ行く。『署』に入るのは、なぜかドキドキする。免許証とパスポート、収入印紙一人2650円分を持って申請。書類に記入してきたが、手続きに10日程かかるそうだ。頼もしそうな警察の方が親切に対応してくれてホッとしたが、後日又、出頭だ・・。ふー!この緊張感は、過去に何か不適切な行動が?

子どもたちの服も、ユニクロとダイエーで、ある程度揃えた。あ、靴を忘れてた。2,3足ずつあればいいかな。コンタクトレンズも半年分くらいは手に入れなきゃ。明日行こう。


03/21/06: 医療保険の選択

Category: 日記
hiyasinsu庭に咲いたヒヤシンス。花数は少ないが、かえって清楚にも見える・・かな?

さて保険の話。外国の医療費はかなり高いので、こちらから海外駐在保険という保険に加入しておかないと大変な事になるかもしれない。例えば緊急事態になって救急車のお世話になっても、搬送費用として数万円の請求をされるそうなのだ。大手の保険会社にお願いしようと思っていたが、結局 Uni-Care というニュージーランドの保険会社(日本人がやっているウィング・オセアニアという代理店経由)にお願いする事にした。5人分1年間で11万円という事だ。(大手だと60万円以上かかる!)金額の違いは、どこからきているかというと、
?日本語24時間サービスがないこと、
?キャッシュレスではないこと(病院で治療の際にもらった領収証をUni-Careに郵送したら、後日、治療費を銀行に振り込んでくれる)、
?保険証は PDF ファイルとしてメールで送られてくるだけであり、紙の印刷物などは全くないこと、などである。
基本的に、Uni-Careへの治療費の請求は英語にて専用用紙に記入する必要があるのだが、ウィング・オセアニア経由で Uni-Care に加入した場合には、ウィング・オセアニアに対して日本語で治療費の請求を行えば、ウィング・オセアニアがそれを英訳して Uni-Care に渡してくれる。
利点としては、一般の駐在員保険では歯の治療は認められていないが、Uni-Care は、歯の痛み止め程度の治療費は認められている。それと、76歳未満の家族の不幸などの為の緊急帰国費用もカバーしている。大手の保険会社で緊急帰国費用もカバーすると、更に保険金を支払わなければならない。

無事保険証がメールで送られてきた。まさにインターネット時代の保険だ。


03/22/06: 「♪♪ちゃん、みーつけた!」

Category: 日記
suisen数日前、蕾ができているのに気づいて楽しみにしていたが、今日、漂う香りにふと見ると、花が開いていた。

「もういいかい?」「まーだだよ」って何回も繰り返す度に、期待でドキドキする気持ち。待つ事がなければ、感じる事もできないワクワク。この時期にはそんな気持ちがいっぱい楽しめる。

水仙の香りにはなぜか切なさを感じてしまうのだけど、この花はすばらしくふっくらした優しい香りをもっている。

エルリッチャー(Erlicheer)という種類の芳香性の房咲き水仙(Narcissus)。

《花言葉 自己愛》

ナルシサスという美少年が水面に映る自分の姿に恋をして、報いられることのない事を悲しみながら池に身を投じてしまった。そうして彼は水辺に咲く一輪の水仙になった。という話がある。

マホメットの教えにはこういう話もあるそうだ。「2切れのパンを持つ者は、その1切れを水仙と交換しなさい。パンは肉体に必要ですが、水仙は心に必要です。」

確かに花に助けられることは多い。海外で一体どんな花に出会えるんだろう?それも大きな楽しみのひとつになりそう。

『お散歩ブック』(杉浦さやか 著/角川文庫)という本を本屋で見つけた。いつでも、どこでもできる、お散歩のいろんな楽しみ方が載っていて、イラストなんか見ているだけでも楽しくなっちゃう。いろんな生命が「うーん!」ってのびをして、そろそろ目を覚ますかってゴソゴソしだした時期、これから、ほんとうにお散歩の楽しみがいっぱいの季節。


03/23/06: メンバー確定!

Category: 日記
出発まで2週間をきった。今日はお墓参りに行く。

そして帰宅して・・電話を取ると、Popの出国OKの連絡が。

明日は子どもたちの修了式。そろそろ気持ちをしっかり向けて、荷造りなど始めよう。

連れていかれるのも、いろいろつらい事があって大変だけど、でも、やっぱり・・ホント、よかった・・


«Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | Next»